デジタル ヒューマン
シェーダ

超リアリスティックなリアルタイム ヒューマン レンダリング

Character Creator の 3D ヒューマンキャラクターは肌、目、歯、毛髪に対して、SSS(サブサーフェース・スキャッタリング)とマイクロ法線テクノロジーを備えた Reallusion デジタルヒューマンシェーダを搭載しています。CC シェーダパイプラインとカスタムプロテクスチャを割り当てることによって、信じられないほど生き生きとしたデジタルヒューマンを生成します。静止画用に、あるいはライブアニメーションパフォーマンス用に、高速で高品質なリアルタイムレンダーをお楽しみください。

リアリスティックなデジタルヒューマンを作成

カスタムプロテクスチャを備えた CC シェーダパイプライン

リアリスティックなデジタルヒューマンをリアルタイムレンダー

オフラインレンダーと同等品質の高速レンダリング

リアリスティックなデジタルヒューマンをフルリギングでライブアニメート

直観的な、顔/ボディ・アニメーションの編集 & モーションキャプチャ

肌のシェーダ

SSS (サブサーフェース・スキャッタリング)

マイクロ法線

目のシェーダ

歯、歯茎、舌のシェーダ

  • 全体の設定に対して、あるいは特定のエリアごとに、明るさ、再度、粗さ、鏡面反射などをフルコントロール。
  • AO マスクの調整によって、口内の歯や舌が過度に明るくなるのを回避します。
  • マイクロ法線を適用可能、強度とタイリングも調整できます。
  • SSS を使用して光の透過エフェクトも調整可能。

  • 参照マニュアル: 歯 & 歯茎 |


    * Headshot Morph 1000+ をチェックしてください。個々の歯の様々な形状ディテールを作成してナチュラルなルックスを生み出します。

髪のシェーダ

デジタルヒューマンのために強化されたライティング

ライト・シェイプ

  • チューブや方形といったデフォルトのライト・シェイプを持ったスポットライトや点光源を使用したり、あるいは自在なシェイプを持ったカスタムパターンをインポートすることも可能です。
  • より自然な人のルックスをもたらすために目の反射を改善。
  • ソフト光源とソフトシャドウで一層リアリスティックなシーンを構築。

  • 参照マニュアル >

Courtesy of Mike Seymour

CC の PBR をデジタルヒューマンシェーダに変換

1 クリック変換

  • オブジェクトシェーダ変換ボタンをクリックして、求めるデジタルヒューマンシェーダのオプションを選択するだけ。
  • 頭部、歯、舌、目、そして肌。適切なシェーダへと自動的に変換されます。
  • デジタルヒューマンシェーダ用の更に詳細なテクスチャパネルを使用すれば、光の伝搬、SSS マップ、マイクロ法線、スペキュラーマスク、マイクロ法線マスク、そして拡散反射と法線用のブレンドマップを使用してディテールを詰めていくことができます。
  • シェーダ設定にアクセスすることによって一層のカスタマイズが可能です。

    参照マニュアル >

マテリアルプリセットの適用

  • シェーダ変換のもうひとつの方法は、肌、目、歯などのために用意された内蔵のヒューマンマテリアルプリセットを適用すること。デジタルヒューマンシェーダのための PBR アセットに自動的に変換されます。
  • DH (デジタルヒューマン)マテリアルプリセットには、以下からアクセスできます:
    - 肌 > 法線 > DH シェーダプリセット
    - ベース > 歯
    - ベース > 目

髪の流れのプロセス

  • 髪の流れに対して正確な異方性反射を保つためには、髪シェーダには異方性を提示するカスタムタンジェントマップが必要になります。
  • Character Creator では専用のテクスチャ UV レイアウトを使用して髪のタンジェントマップをカスタムペイント可能。赤チャンネルが垂直フロー、緑が水平フローを意味します。デフォルトでは、このマップは赤で描かれています。

  • 参照マニュアル >

CG デジタルヒューマンに求められるもの

3D キャラクター制作のソリューションプロバイダーとして、Character Creator はデジタルヒューマンを構成するあらゆるキーファクターを満たすための、必要なステップを積み重ねてきました。CC3.2 ではリアルタイムレンダリングへの強化を開始しています。今後のバージョンでも更なる機能を追求(詳細は以下をご覧ください)、CC を愛するすべての方々に、より一層ハイエンドなキャラクタープロダクティビティを提供してまいります。ご期待ください!