Iray レンダリングは、フォトリアリスティックな物理ベースのレンダリング技術にアクセスし最先端のワークフローの作成を可能にします。 それは、実世界における光と物質の物理的な振る舞いをシミュレートすることによって行います。 Iray を Character Creator や iClone に実装すると、 簡単に適用できる素材集が付いてくるので、ユーザ様はコンピュータグラフィックス技術分野に莫大な知識は必要にならず、マテリアルとライティングの自動変換、及び、豊富なマテリアルライブラリデザインの恩恵です。

IRAY って何?

高性能でリアルなビジュアル

  • AI のある Iray は、最終フレームとインタラクティブなフォトリアリスティックレンダリングの両方にディープラーニング機能を持ち込みます。 このユニークな能力が Iray に登場することで、最終画像の完成を何倍も速くすることができます
  • 物理ベースの照明と現実の素材によるリアルなレイトレーシング
  • GPU を使用してレンダリングを高速化し、複数の GPU レンダリングをサポートして、使用可能なビデオメモリを増やし、レンダリングのパフォーマンスを倍増させます

NVIDIA マテリアル定義言語

あなたの作品を最高のプレゼンで

Character Creator の中でフォトリアルで映画的なルック・アンド・フィールは、Iray Render Plug-in によって現実のものとなりました。 Iray の GPU 加速レイトレーサと MDL 材料システムに、CC のプロフェッショナルキャラクター、ポーズ、ライティングとステージライブラリを組み合わせて使用します。 Character Creator と Iray を使って、全く新しい詳細度の作品を達成しましょう。

PBR から IRAY MDL 自動変換、高度なシェーダ

Reallusion の Iray プラグインは Iray Super Shader で特別に設計されています。 CC と iClone の PBR 素材を Iray の MDL (マテリアル定義言語) フォーマットに自動的に変換し、リアルタイムエンジンと最終レンダリングの間の素材の類似性を保証します。 ユーザーは Multiply を使用して PBR の外観をさらに強化したり、 表面下散乱反射率コーティング異方性などの高度なシェーダ効果を階層化することができます。 使い易さのために、ユーザーは複数のマテリアルを選択し、そのシェイダーのルックスを一度に変更することもできます。

インタラクティブ
レンダリング
  • 高インタラクティブ性と高速画像出力を実現する Nvidia の AI 加速 GPU レンダリング
  • レンダリングデザインの一時停止再開 をサポート、シーンの編集時、システムパフォーマンスに専念するために一時停止、あとでレンダリングを再開します。
  • カメラ、照明、マテリアルを変更する時、レンダリングの変化をインタラクティブに即時更新。 ポーズや表現の編集などのメッシュの変更がある場合、次のレンダーセッションでレンダリングを更新。
  • オプションの自動レンダリング更新からフレキシブルレンダをオン/オフすると、他の編集作業に専念していル間も同じシーンをレンダリングし続けます。
無料特典: BIG IRAY MDL LIBRARY EXTENSION

Iray Material 600+ は、 Reallusion の Iray プラグイン用に設計された無料の材料拡張パックです。 皆様のデザインに直感的で確実な方法でリアルな素材を追加することができるように、最もリアルな素材を 600 種類以上用意しております。 ガラス、革、宝石、ゴム、液体などの検索用語を簡単に閲覧できるように、材料は 17x ゲラのフォルダに配置されています。 さらに、こちらにも無料の MDL ダウンロードコレクションがあり、その独自のメリットのリストが付いています。

  • iMDL 形式で保存された素材で、素早くドラッグ&ドロップでレンダーできるように最適化された初期値で設計されています
  • 調整可能なパラメータは1つのマテリアルに多くの編集可能なビジュアルバリエーションが与えられます
  • 素材検索を容易にするための画像サムネイルを用意
  • 実際の文字サイズに比例した一貫したスケール設定。 例えば: 宝石材料を 3D 宝飾品に正しく適用するには、わずかな光の吸収と散乱の範囲 (mm) が必要で、そうしないと正しい結果は簡単には見えません

広範囲ライブラリからの即時リアリズム

リアルタイムトーンマップ&ポストエフェクト

ポストエフェクト

  • 映画的構図用に 3D キャラクターを IBL または画像の背景に埋め込む
  • バーチャルグラウンド
    • 仮想床に影を投げたり、反射する地面を追加
    • 調整可能な地面高レベルと光沢効果
  • ブルーミング効果
    • 調節可能な輝くハローでライトスポットを照射
    • 半径、しきい値、および明るさの目盛を指定

トーンマッパー (Tonemapper)

  • Iray のレンダー画像にリアルタイムで写真ルックスの魅力を付加
  • 2 つの Tonemapper モードをサポート
    • 写真:露出、ハイトーン、シャドートーン、彩度、ホワイトバランスを調整
    • テンプレート: Kodak か Agafa などの業界標準フィルムモード間の簡単な切り替え

レンダーパス

  • 拡散、通常、マテリアル ID など、マルチパスレンダリング用に異なる画像パスをレンダリング
  • Iray 設定から必要なレンダーパスを指定し、レンダリングされたイメージに Iray Render プレビューウィンドウからアクセスするか、Iray バックグラウンドレンダラーの指定されたフォルダからイメージを収集
  • Photoshop、Premiere、After Effects などの主要なビデオエディタまたはイメージエディタで動作

IRAY の追加要素

スマートレンダリング ビューポート

  • ズームイン/アウト、高速スケーリング、ウィンドウへの自動フィット
  • レンダリングの一時停止と再開、システムリソースを編集作業に集める
  • レンダリングしたイメージを別のアプリケーションにコピー&ペースト
  • 異なるレンダーパス出力へのアクセス
  • 背景の透明度の設定と PNG 画像の保存
  • 調整可能なサンプリング時間、レンダリングの反復をいつでも増加できる機能
  • 自動レンダリング更新のオン/オフ インタラクティブなレンダリングを実行するか、または Iray レンダリングをしながら他の編集に集中するかを選択

スタンドアロンレンダラー用の .MI を保存

  • 専用のレンダリングタスクのために Iray のネイティブ .mi 形式で 3D シーンを保存
  • 保存された複数の 3D シーン(.mi)を同じフォルダにまとめてレンダリング
  • Iray バックグラウンドレンダラーの中で全部のレンダリング設定をサポート
  • Iray をサポートしている追加の 3D ツールで .mi ファイルをレンダリング

AI-DeNoise、CPU &マルチ GPU リソース管理

  • Nvidia AI-accelerated denoiser アルゴリズムはノイズのない画像のレンダリングを何倍も高速にしました
  • Iray は、同じマシン内で実行されている GPU と CPU の任意の数または組み合わせをサポートし、どれがレンダリングに使用されているのかを制御します。 そのため、マルチ GPU システムが Iray アプリケーションに適した選択肢になります