顔の表情

今までにないアニメーションを実現

リアルなデジタル複製人間を作成するのも、トゥーンやデフォルメされたキャラクターをドラマチックにするのも、iClone なら簡単です。iClone は 3D アクターのフェイシャル・パフォーマンスを無駄なく最短かつ最高度の生産性で演出するツールを提供します。

フェイス・パペッティング

マウスコントロールで顔の表情を直感的に操作

フェイスキー編集

筋肉ノード、表情プリセット、スライダ調整によるフェイシャルアニメーションの修正やレイヤー編集

v7.9 グランドアップデート! 
新たに追加された ExpressionPlus には、表現力を高める52種類の Apple ARKit ブレンドシェイプと舌のエクステンションが含まれており、これまでにない iPhone フェイシャルモーキャップのクオリティを生み出しています。

フェイスパペット - リアルな存在感のアニメーション

ペルソナ・フェイスプロファイルを使用したマウスパペッティング操作

あらかじめ用意された、さまざまな性格や感情をカバーする 23 種類のフェイシャルアニメーションプロファイルに、 微妙な目や口の動きを表現する ExpressionPlus(ExPlus)が7種類追加され、簡単に始めることができます。アニメーションの強さをトーンダウンしてリアリスティックな人間にしたり、 強めに設定してデフォルメが強調されたキャラクターの表情にしたりと、効果的に使い分けることができます。    詳細はこちら >

ExpressionPlus (ExPlus) プロファイルv7.9 新機能

* CC3 Base+ キャラクターは必要*

目、口、舌、おしゃべりを自在にコントロール!

神は細部に宿る - 進化した Expression Plus(ExPlus)プロファイルを利用することで、これまでにないフェイシャルパーツアニメーションを作成できます。目を閉じたまま眼球を回転させたり、唇で吸い込んだり、上唇/下唇を噛んだり、顎を動かして噛んだり、唇を閉じたまま顎を開いたり、口の中で舌を動かしたり、唇を舐めたり、無言のままで訴えかける表情をシミュレートすることまで。高度な表情変化でキャラクターを人間らしく仕上げることができます。

  顔全体 - 感情

  顔の上部 - 目, 眉

 顔の下部 - 口、顎、舌

フェイスキー・エディター - 完璧を実現
v7.9 で ExPlus と一緒にアップデート

リップシンク、フェイシャルモーキャップ、手動操作で顔の表情を作ったら、フェイスキーエディターを使って各パーツのディテールを微調整することができます。これらの顔のキーは既存の表情にオーバーレイ・ブレンドされ、タイムライントラックに保存されてさらなる編集を加えることができます。

表情の調整には、筋肉パネル、表情プリセット、モーフスライダの 3 種類が用意されています。    

筋肉パネル

まぶた、目、眉、頬、口、唇、鼻に沿って、1つまたは複数の効果的な領域を選択し、マウスドラッグで対応する筋肉の動きを制御します。

  • 左右対称、頭の回転に対応したオプション
  • 感度調整によって細かい操作からおおまかな操作まで対応可能
  • スタンダードモードと ExPlus モードの両方に対応(v7.9 新機能)

表情プリセット

さまざまな感情のプリセット間を簡単に移行することができます。また ExPlus を使用すると、舌を含む4つの追加 ARKit 表情セットにアクセスできます。必要なパフォーマンスに合わせて強度レベルを調整できます。  詳細はこちら >

モーフスライダー

モーフスライダを介して、60 種類の標準ブレンドシェイプと 63 種(52+11)の ExPlus ブレンドシェイプに直接アクセスできます。 詳細な表情に対する極限までのコントロールや強度値(±200)の数値入力だけでなく、筋肉パネルや表情プリセットでどのブレンドシェイプがトリガーされているかを観察することもできます。 さらに、外部 3D ツールにエクスポートする際にはブレンドシェイプの名前と値を確認することができます。詳細はこちら >

正確なリップシンクによるリアルな会話アニメーション

iClone はプロシージャルで編集可能なリップシンクアニメーションを最も直感的に作成できる方法を提供します。正確で、自然で、スムーズな、あらゆるタイプの会話パフォーマンスを簡単に作成することができます。  

最高峰の iphone フェイストラッキング
v7.9 で ExPlus と共にアップデート

表現力の高いスキャンベースの ExPlus ブレンドシェイプは iPhone の ARKit 信号に 1 対 1 でマッピングされており、iClone フェイスパペットやフェイスキーエディタによるポストレイヤー編集が可能なデータを作成できます。