Pipeline 版のより進んだ機能

ユニークな弾性モーション効果を作成

パラメータコントロールを使用して弾性モーション動作を作成することに加え、熟練したアニメーターは彼らの芸術的キーフレームアニメーションを弾性モーションパターンに変換することも可能です。様々なモーションライブラリーを構築し、それを再利用したり他のデザイナーとシェアすることができます。


PSD を G3 キャラクターテンプレートとしてインポート

キャラクターの個々のボディパーツに対するレイヤー命名規則に従うことにより、最低限の労力であなたの Photoshop キャラクターデザインを CTA3 アセットに直接変換が可能です。
Photoshop 作品をそのまま動かす >

G2 キャラクターに 3D モーションをインポート

CrazyTalk Animator 3 のパイプラインを経由して、iClone のあらゆる 3D モーションをインポートし、2D キャラクターに適用して驚異的な多次元アニメーションにすることができます。

  • 外部ソースから 3D モーションを G2 マルチアングルキャラクターに適用できます
  • 3DXchange 6 を使用すれば、Maya、Motion Builder、その他任意の 3D ツールで作成された BVH または FBXファイルを使用したモーションキャプチャーデータの取り扱いが可能です

あなたのベクターコンテンツをマルチレンダースタイル互換でデザイン

  • レンダースタイルエディターによって、どんなベクターベースのキャラクターもプロップも、任意のカラープロファイルと互換にすることができます
  • グループエディターでは、複数パーツを選択してそれらを異なるカラーグループにカテゴライズすることによって、各ボディパーツを同じカラータグに分類することができます
  • カラーマッピングが終了したら、すぐに続けてキャラクターのカラースタイルを変更してあなたのデザイントーンにマッチさせることができます