ビジュアライゼーションのための
オールラウンドソリューション

ワークフローを維持したままビジュアルクオリティを強化

3D ビジュアルワークに向けて改善されたシェーダ、レンダー、ポーズ、表情、ライティング。 Character Creator 3 (CC3) 内で作業、それを外部環境に出力、いずれの場面でも私たちの新しく最適化されたツールはあなたのご期待にお応えします。 デジタルスカルプティングプロセスの改善を目的に、我々のパイプラインには Zbrush をはじめとするサードパーティ制作ツールに向けた強化されたワークフローが組み込まれています。

ポーズ & 表情を自由自在に編集

準備完了のキャラクター

自然なポーズと表情のライブラリにアクセス。ポーズエディタとフェイスエディタを使用して自由自在に編集可能です。

内蔵コンテンツ & ライブラリ

CC で見つかる内蔵のポーズや表情を適用したり、ライブラリをタップしてさらにバリエーションを探すこともできます。 もっと詳しく>

自由に編集

CC 編集パネルのモーション機能を使用して、ポーズと表情をお好きにコントロール。 表情プリセットを採用し、様々な筋肉や顔のパーツを自由に調整可能です。 ポイントを選択し、ボディジョイントを移動/回転させることで、ロジカルにキャラクターにポーズを取らせることができます。


ポーズ修正モーフ

キャラクターにポーズを適用すると、曲げたジョイント周辺のメッシュが伸びてしまう場合があります。 こうしたキャラクターのポージングを最適化するには、ポーズ修正モーフスライダーを使用して伸びてしまった筋肉の自然なカーブを取り戻しましょう。 *注意:この修正モーフは静止ポーズに向いており、アニメーションのエクスポートや一般的なキャラクターモデリングには適していません。


ダウンロード
インストール & 使用方法

ポーズ & 表情チェックでキャラクタースカルプティングをスピードアップ

Character Creator を使用してフルリギングのキャラクターを作成し、それを直ちに Zbrush などのサードパーティツールに転送して、詳細なスカルプティングを継続します。 Zbrush の熟練アーティストの手腕をご覧ください - Pablo Nunoz Gomez は Character Creator をキャラクターのポーズと表情のチェックに使用しつつ、 アセットを生成してダイナミックな衣装システムや詳細なテクスチャを生み出しています。
もっと詳しく>

卓越したレンダリングパフォーマンス

スーパーリアルなリアルタイム人体レンダリング

リアルタイムデジタルヒューマンシェーダ

肌、瞳、歯、髪に SSS(サブサーフェース・スキャッタリング)とマイクロ法線テクノロジーを採用したデジタルヒューマンシェーダは、リアリスティックな人物キャラクターを生成します。

最先端のレンダリング

Iray フォトリアリスティックインタラクティブビジュアライゼーション

Iray レンダリングプラグインは、光源とマテリアルの挙動を現実の物理学ベースでシミュレートし、 物性に基づいたフォトリアルな 3D レンダリングテクノロジーへのアクセスによってワークフローの改善を実現しました。

3D 環境のための完璧なライティングコントロール

Character Creator は目的に応じて4種の光源を用意しています。 また光源シェイプ機能、IBL(イメージベースドライティング)、GI(グローバルイルミネーション)によって、リアリスティックな光源エフェクトをシミュレートします。

4種のライティング

3D シーンに配置できる光源には4種類があります。環境光、平行光源、点光源、スポットライト。 マニュアルを見る >

環境光

環境光はシーン全体に一様なトーンを与えるライトです。環境光の色彩を変更することによって雰囲気を演出することが可能です。

点光源

点光源はシーンの一部をライトアップするのに使用されます。その照明は一点から全方向に向かって照射されます。 このタイプの照明はたいまつ、ろうそく、電球などをシミュレートすることができます。

平行光源

平行光源は汎用的なもので、主に太陽のような外的光源のソースとして使用されます。

スポットライト

スポットライトはキャラクターの特定のパーツをライトアップして、観客の注目を集めることができます。

光源シェイプ
  • スポットライトや点光源をチューブや四角形などのデフォルトの光源シェイプで使用したり、お好きな形のカスタムパターンをインポートすることが可能です。
  • 瞳の反射を改善すれば、より自然な人間らしい見た目になります。
  • 光源や影をぼかすことによって、より一層リアリスティックなシーンになります。
マニュアルを見る >

IBL 効果

IBL (イメージベースドライティング) 機能は画像マップを使用して環境光源をシミュレートし、コンピューティング負荷を軽減しつつ高度なリアリズムをもたらし、ベースとなる雰囲気を向上させます。 マニュアルを見る >

GI (グローバルイルミネーション)

間接照明を使用したリアルタイムレンダリング。あらゆるメッシュが光源のソースとして機能し、自然界の光線輻射を取り込むことによってより正確な間接照明を得ることができます。
マニュアルを見る >

メジャーな 3D ツールとの連携

Character Creator Pipeline は様々なビジュアルニーズに応じて、キャラクターを他の 3D ツールにエクスポートすることができます。