3D スキャン
ワークフロー

スキャンモデルをリグ完備のキャラクターに変えます

3D スキャンモデルを動かす

3D スキャン技術は、卓越したリアリズムを生み出すために、世界中で興行収入トップのハリウッドと AAA のゲームプロダクションで採用されてまいりました。しかし、スタティックなスキャンモデルがどのようにして自由に動いたり、完全に洋服を纏ったキャラクターに変わることができるか疑問に思ったことはありませんか? Reallusion は、現在、業界をリードする専門家によって設計された広範囲な学習教材を提供し、彼らはこの技術を容易にしたり、スタティックな 3D スキャンモデルを話したり動いたりするキャラクターに変える方法を教えてくれるでしょう。

学習リソースと 3D スキャンのアセットを提供します

3d scan content pack

Reallusion は、3D スキャンスタジオの SCANLAB PHOTOGRAMMETRY 社と提携し、リグが完備した 3D キャラクターを提供いたしますが、これは当社のバンドルパッケージに含まれております。
もし Virtual Human Head Vol.1 + Virtual Human Bodies - Louis を今購入されますと、 3D Scan Pipeline Learning Videos の無料コピーが入手できます。これには、よりリアルなフェイシャル機能とアニメーションのための 401 Adjustment and Balance Morphs という追加コンテンツのボーナスも付いてきます。

3D スキャンモデルから
アニメーション可能キャラへの変換方法を習得

3D スキャンモデルを CC にするリトロトポロジー方法

3d scan pipeline tutor - Eddie Christian

チューター: Eddie Christian

- キャラクターデザイナー、コンセプトアーティスト、マットペインター、デジタル彫刻家

Solo Projects Studios の創設者および所有者。彼のスタジオはビデオゲーム会社にカスタムコードとアートコンテンツを提供。さらに、彼のスタジオは、彫刻、アートプリント、オーダーメイド服のシリーズを作っており、オンラインで販売しています。

3d scan workflow - from A pose to T pose

A ポーズから T ポーズへ

多くの場合、人々のスキャンは"A"ポーズと呼ばれるもので行われます。これは私達が必要とする細部をキャプチャーする助けになります。しかし、ほとんどのリギングツールでは、キャラクターをアニメートするのに必要なスケルトンを追加するためには、このポーズを"T"ポーズに変更する必要があります。ポーズを正しい姿勢に変える方法を学びましょう。

3d scan workflow - topology mapping

トポロジマッピング

Wrap3 は、スキャンした人間の細部を CC3 で使用されているベースメッシュに投影するために使用されます。そして、いくつかのヒントとテクニックが、スキャンデータのある Wrap3 をできるだけ簡単に使用できるようにします。ZBrush と CC3 でそれを使用するためにデータをエクスポートするプロセスを詳しく調べましょう。

3d scan workflow - UV conversion

UV 変換

3D メッシュにカラー情報を格納するために 2 つの主な方法が紹介されています。1 つの方法は、テクスチャマップと UV を使用してそれらの配置を導きます。もう 1 つの方法は、メッシュ自体の頂点に色情報を格納することです。両方の方法やそれらの長所と短所の概要を把握しましょう。

3d scan workflow - pose check and mesh refinement

メッシュ改良 & オートリグ

キャラクターができるだけ現実的になってくれるようにいくつかのより細かい部分をきれいにします。最終段階のキャラクターを CC3 に送り、自動リグするとスケルトンが設定され、以後のポーズやアニメーションのためにキャラクターが適切に動くようになります。

顔とボディアニメーションのための最適化

3d scan pipeline tutor - Mike Sherwood

チューター: Mike Sherwood(別名 3Dtest)

20 年以上の経験を持つ 3D アーティストおよびコンサルタント。リアルタイムの人体モデリングとアニメーションシステムを専門とし、低ポリ/サブディビジョンサーフェス(細分割曲面)モデリング、フォトテクスチャリング、レトロジー、3D キャラクターパイプラインの開発に注力し、ゲーム、テレビ、ソフトウェア会社で働いてきました。

3d scan workflow - facial topology

ポーズと視線
(まなざし、注視)補正

CC3 の正しいデフォルトの姿勢と視線の重要性: 外部アプリケーションを使った簡単な姿勢と視線の補正方法のデモ。

3d scan workflow - eyeball and eyelid

眼の改善

眼の形状やマテリアル、及び、アニメーションすべての品質で、キャラクターがリアルに見えるかどうかに大きな違いが出ます: 不自然に見える眼や歪んだ瞬きからリアルで洗練された最終結果へと進む方法を示します。

3d scan workflow - lips and teeth

テクスチャの補正

拡散マップと法線マップでは、テクスチャの焼き付け、そして/あるいは、誤った配置により、エラーが発生する可能性があります: 例として頭部を使用し、手続き型マッピングと外部のイメージエディタでのクローン作成を組み合わせてエラーを修正する方法です。

3d scan workflow - expression validation

口の最適化

モデルがポーズを取っている間に表情テストと編集によってアニメーションを改善する: このチュートリアルは口に焦点を合わせ、歯と舌の位置合わせとテクスチャ調整もカバーします。